ほぼリスクなし!ボーナス併用!両建てでダブルスワップを受け取る詳しい方法

LESSON5
ボーナス特典でうまく稼ぐコツ

ほぼリスクなし!ボーナス併用!両建てでダブルスワップを受け取る詳しい方法

両建てスワップ手法(スワップアービトラージ)とは

今回は両建てスワップ手法(スワップアービトラージ)についてのお話です。、

両建てスワップ手法(スワップアービトラージ)は、為替変動リスクを避けながら、スワップポイントを貯めていくという手法です。
この方法であれば、為替レートが上がっても下がっても、両方のポジションを保有するので、為替差益による利益も損失も発生しません。

ということは、スワップポイントだけを貯めることができることになります。

まずはイメージを掴んでください。

スワップアービトラージ(裁定取引、さや取り)

多くの場合スワップ利益はマイナスに

GEMFOREXのサポート体制

スワップポイントを貯めると言っても、どこの業社でも、また、どの通貨ペアでも行えるわけではありません。

というのは、多くの通貨ペアでは、スワップポイントは買い(ロング)のスワップポイントよりも売り(ショート)のマイナスポイントの方が大きく、両建てでスワップポイントを貯めようと思っても
逆に損失が発生してしまいます。

例)ロングのスワップポイント -90円  ショートのスワップポイント 80円

両建てですと、-10円、つまり、毎日10円ずつ損失が発生してしまうのです。
これでは、何のために両建てを行うのかわからなくなってしまいます。

異業社間の両建てなら可能

スワップポイントは、業社によって数字が異なります。
ですから、同じ通貨ペアでプラスの通貨が高い業社とマイナスの数字が低い業社での両建てを行えば、差額はプラスになりますから、スワップポイントの利益が出ることになります。

例)

A社での買い(ロング)スワップポイントが 100円
B社での売り(ショート)スワップポイントが-70円

100円+-70円なので、差額として、30円のスワップポイントを得ることができます。

この方法ですと、差額ができるだけ大きくなるような業社を探す必要があります。
しかも、スワップポイントは日々変動するので、その差が小さくなる、あるいは、下手をすると逆転してしまって、損失が発生することもないとは言えません。

そもそも、異業社間の両建ては禁止している業社もあります。
あるいは、両建てそのものを禁止している業社もあるので、チェックが必要です。。

また、許可している業社の中でも、別口座での両建て、あるいは、異業者での両建ては禁止しているところも多いので注意しましょう。

もし、規定を破ると、口座凍結や出金拒否などされることがあります。

もう、ごちゃごちゃ考えるのめんどうですね?
いったいどの業社で口座を作れば両建てができるの?

GEMFOREXなら買い(ロング)も売り(ショート)もプラスのスワップポイントがある。

GEMFOREXは同一口座のスワップアービトラージを推奨しています。

そこで、おすすめなのはGEMFOREXで行う両建てスワップ手法(スワップアービトラージです)

まず、GEMFOREXはこの方法を禁止どころか、積極的にHPで説明してあります。
なぜ、GEMFOREXがおすすめなのかと言いますと、

なんと、GEMFOREXでは、買い(ロング)も売り(ショート)も両方ともプラスのスワップポイントになっている通貨ペアが4つ存在します。

GEMFOREXのスワップポイント
(1lot=10万通貨あたり)

通貨 ロング
(買い建て)
ショート
(売り建て)

USD/JPY
(スプレッド1.2)

0.21300(※1) 0.28700(※1)
EUR/USD
(スプレッド1.2)
0.24700 0.25300
USDHKD
(スプレッド15)
0.90000 1.48000
USD/ZAR
(スプレッド16)
1.00000 1.21000

これであれば、両方のスワップポイントを一気に獲得することができるのです。
このようなスワップポイントを持っている通貨ペアは他の業者でも見当たりません。

ですから、両建てスワップ手法を行うなら、GEMFOREX一択だと思います。

実際は、スプレッド分が手数料相当分として存在するが・・・

買い(ロング)も売り(ショート)を同時にポジションを保有した場合、スプレッド分だけ価格に差がでます。
ですから、保有したときと決済する時にスプレッド分が手数料のような形で発生するのです。

上記の中で、ドル円の通貨ペアを例に上げると、 GEMFOREXノドル円のスプレッドは平均1.2です。

例えば、買い(ロング)のレートが100.012円の時、売り(ショート)が100.000であるということです。

それが、保有する時と決済する時を合わせると0.024になりますから、1ロット(10万ドル)の保有では 仮に1ドル100円で計算すると2400円ほどの手数料相当分がかかっていることになります。


GEMFOREXの1ロットの買い(ロング)も売り(ショート)のスワップの合算額はおよそ50円ですから、 
2400円÷50円/1日=48日

つまり、 48日間は利益が発生しない計算になってしまいます。

ボーナスを使えば、手数料分をカバーできる

しかし、GEMFOREXでは、口座開設ボーナス10,000円や20,000円、さらに入金ボーナス100%を頻繁に行っています。
ということは、ボーナスを駆使すれば、手数料分をかなりカバーできますから、もっと短期間で実質上のスワップ利益を発生させることができます。

1ロットのロングとショートポジションを保有するだけでは1日のスワップポイントは50円です。
1ヶ月でも1,500円。
これではそれほど大きな魅力とは言えません(銀行預金よりは遥かにマシですが)

ですから、10~30ロットを保有することをおすすめします。
GEMFOREXでは、最大保有ロット数は30ロットです)

通常のトレードと異なり、為替変動リスクはありませんから、為替レートが上がっても下がっても為替変動による利益も損失もありませんので 大きな金額を取引しても安心です。

さらに大きな金額を投資したい場合

もっと大きな金額のスワップを獲得したいという場合もあるでしょう。、
オールインワン口座の限度が30ロットですから、別にノースプレッド口座を開設することで投資ロット数を増やすことができます。

ノーススプレッド口座は、ボーナスをもらうことはできませんが、スプレッドが最小0、平均0.3ですから、ボーナスを使わなくても、スプレッドによる損失は0~0.003です。

仮に1ドル100円で計算すると、600円ほどの手数料のようなものが発生するだけですので
600÷50=12日 つまり12日を過ぎると、スワップの貯金が発生するということです。

スプレッドによる損失(手数料)をなくしたい場合

保有するときも、決済するときも、買い(ロング)と売り(ショート)をまったく同じ金額で指値を入れておいて、時間をずらして約定ができれば スプレッドによる手数料は発生しませんので、それも一つの方法です。

しかし、万が一、為替が一方にぐんぐん動いてしまった場合、それが叶わなくなるので、必ずしもうまく約定、決済できるとは限りません。

まとめ(え~い、計算面倒だから要するにどうなるわけ?)

ごちゃごちゃ書いてしまいましたが、FXがまったく初めてという方には、何のことかわからないかもしれません。

そこで、結果だけまとめてみます。
※ここでは、一番スプレッドが狭いドル円を想定(仮に1ドル100円で計算)しておきます。

◆スプレッドが実質上の手数料だが、ボーナスでカバーできる
オールインワン口座(スプレッド平均1.2)での両建の場合、 両建てを保有してから48日間は手数料分と相殺になる。
つまり、48日過ぎると、まるまる1ロット当たり50円のスワップが利益となる。

しかし、実際はボーナスを併用すると、自己資金を減らせるので、かなりカバーできるので、もっと前からスワップは利益となります。(受けるボーナスによって異なりますが、受けられるボーナスは最大限駆使しましょう)

お勧め保有ロット数:1日50円だと1ヶ月1500円にしかなりませんから、10~30ロット保有することを推奨します。

◆もっと保有したい場合は別口座を
さらに保有したい場合は追加でノースプレッド口座も開く。
ノースプレッド口座はドル円のスプレッドは最小0、平均0.3と低いのでボーナスは受けられませんが、12日過ぎから利益が発生します。

※実際は、1ドル100円ではないので数字は若干異なります。

<関連記事>99%ノーリスクでスワップだけ貯まって行く方法

    
ボーナス特典でうまく稼ぐコツ 【関連記事】
 
LESSON1
海外FX 業社別 徹底比較
LESSON2
業社別 ボーナス詳細
LESSON3
ボーナスキャンペーンの種類と特徴
LESSON5
ボーナス特典でうまく稼ぐコツ
LESSON4
どのボーナスを狙うべきか?
LESSON6
国内FXと海外FXの比較
LESSON7
要注意!利用規約違反でペナルティも
LESSON8
FX初心者の方向けページ
LESSON9
ボーナスと税金の関係
コラム
海外FX 役に立つコラム
お問い合わせ
当サイトおすすめ業社で口座開設する