ボーナスと税金の関係

海外FXのボーナスにおけるクッション機能の重要性

海外FXのボーナスにおけるクッション機能の重要性

「海外FXにおけるボーナスのクッション機能ってどんなもの?」「ありとなしで取引はどう変わる?」などの疑問を抱いていませんか。

同機能は、ボーナスの使い勝手やFXのトレードに大きな影響を与える重要な機能です。内容を理解しておかないと、損失が生じたときに想定外の結果に至るかもしれません。

この記事では、クッション機能の概要を解説するとともにこの機能を備えたボーナスを付与している事業者を紹介しています。

海外FXボーナスのクッション機能って何?

クッション機能は、海外FX業者から付与されたボーナスの扱い方を表します。ありの事業者はボーナスを証拠金として扱え、なしの事業者はボーナスを証拠金として扱えません。ちなみに、口座開設ボーナスは基本的にこの機能が付いています。したがって、多くのケースで問題になるのは入金ボーナスなどです。

例えば、口座残高が5万円、入金ボーナスが5万円だったとします。機能ありの事業者はこれらを合計した10万円相当の取引が可能です。機能なしの事業者は入金ボーナスを証拠金として扱えないため、口座残高である5万円相当の取引しか行えません。ただし、必要証拠金としては機能するため取引可能額を引き上げることはできます。注意点は期待できる利益とともに想定される損失も大きくなるうえ、ボーナスを証拠金として扱えないため、ロスカットのリスクが高くなることです。

以上の例からわかる通り、この機能が付いていないボーナスは有効な使い道を見出しにくいといえます。仮に、高額なボーナスを提供していたとしても、実質的なメリットは感じにくいと考えられるでしょう。

海外FX業者の多くはクッション機能ありのボーナスを支給していますが、そうではないところも存在します。ボーナスに魅力を感じる場合は、利用規約などで用途を確認したうえで口座を開設する必要があります。

海外FXボーナスのクッション機能のメリット

クッション機能ありのボーナスには次のメリットがあります。

【メリット】

  • ボーナスで取引できる
  • 利益分を出金できる
  • ロスカットを遠ざけられる

詳細は次の通りです。

ボーナスで取引できる

証拠金として働くため、ボーナスのみで取引を行えます。例えば、損失が出てすべての自己資金を失ったとしても、ボーナスが残っていれば取引を継続できる可能性があります。まさに、クッションとしての役割を果たしてくれるといえるでしょう。

利益分を出金できる

ボーナスのみで取引を行った場合も、利益分は基本的に出金可能です。したがって、自己資金がない状態でも利益を狙うことができます。ただし、ボーナスそのものを出金することは基本的にできません。現金として支給されているわけではないからです。この機能が付いている場合も、できることとできないことを押さえておきましょう。

ロスカットを遠ざけられる

有効証拠金(時価評価総額)を増やして証拠金維持率を高められるため、ロスカットを遠ざけられる点も魅力です。

ロスカットは、証拠金維持率が一定の基準を下回ると建て玉を強制的に決済される仕組みです。損失の拡大を防ぐ仕組みですが、相場の動向に関係なく建て玉を決済されるためトレーダーにとってマイナスと捉えられることもあります。意に反する決済を防ぎやすくなる点もこの機能のメリットです。

海外FXボーナスのクッション機能のデメリット

ただし、デメリットがないわけではありません。主なデメリットは次の通りです。

【デメリット】

  • スプレッドの幅が広くなりやすい
  • 損失がでると自己資金が優先される
  • 油断を生みやすい

詳細は次の通りです。

スプレッドの幅が広くなりやすい

トレーダーにクッション機能ありのボーナスを付与する場合、事業者はその資金を捻出しなければなりません。海外FX業者の主な収益源は手数料です。したがって、この機能を付けている事業者はスプレッドの幅が広くなる傾向があります。ボーナスの内容だけでなくスプレッドの幅にも気を配ると、利用しやすい事業者を見つけやすくなります。

損失がでると自己資金が優先される

口座内の資金は、自己資金とボーナスにわかれます。損失が生じたときに消費されるのは自己資金からです。つまり、ボーナスで自己資金を守ることはできません。ロスカットを遠ざけられることは間違いありませんが、自己資金の消費には注意が必要です。

油断を生みやすい

クッション機能ありのボーナスを活用すると、証拠金の額が大きくなるため気も大きくなりがちです。例えば、ハイレバレッジをきかせた取引を行う、ハイリターンを狙って攻めたトレードを行うなどが考えられます。大きな利益につながることもありますが、反対に大きな損失につながることもあります。心のスキが生じやすくなる点には気を付けなければなりません。

クッション機能がある場合と無い場合の取引の違い

機能の有無で取引の流れは大きく異なります。具体的に、どのような違いが生じるのでしょうか。入金額5万円、100%入金ボーナス(5万円)を例にとって解説します。

クッション機能あり

入金額とボーナス額を足した金額が証拠金になります。したがって、上記の例であれば10万円(入金額5万円+入金ボーナス5万円)が証拠金です。

次に、トレードで5万円の損失が出たと仮定します。前述の通り、損失が生じると自己資金から消費されます。したがって、残る証拠金はボーナス分の5万円(入金額5万円-損失額5万円+入金ボーナス5万円)です。ちなみに、5万円を超える損失はボーナス分から減じられます。例えば、6万円の損失が生じると入金額から5万円、入金ボーナスから1万円を減じて、残る証拠金は4万円となります。いずれの場合も自己資金は失われますが、証拠金は5万円または4万円残っています。したがって、取引を継続することは可能です。

クッション機能なし

証拠金として使えないため、入金額がそのまま証拠金になります。上記の例であれば、入金額の5万円が証拠金です。

同様に、トレードで5万円の損失が出たと仮定します。損失が生じると自己資金を消費するため証拠金は0円(入金額5万円-損失額5万円)になります。残念ながら、機能なしの場合、入金ボーナス5万円で損失を補填することはできません。ロスカットが発動して、取引を続けることはできなくなります。

以上の例からわかる通り、機能なしのボーナスはトレードに大きな影響を与えません。証拠金として使えないため、無意味なボーナス、お飾りのボーナスなどと表現されることもあります。特に、海外FX初心者は使い道を見出しにくいでしょう。賢くトレードしたい場合は、機能の有無に気を付けることが重要です。

ボーナスのクッション機能があるおすすめの海外FX業者

ほとんどの海外FX業者は、公式サイトでクッション機能の有無をわかりやすい形で示していません。正式な機能として搭載しているわけではないからです。

機能の有無は利用規約などで確認する必要があります。とはいえ、1社ずつ有無を確認していると大変です。参考に、機能ありのボーナスを付与している海外FX業者を紹介します。

GEMFOREX

セーシェル金融ライセンスとモーリシャス金融ライセンスを取得している事業者です。低スプレッド競争には参入せず、快適にトレードを行える環境の実現を目指しています。

2022年12月時点においては、所定期間内に新規口座開設をしたトレーダーに対し20,000円(200ドル)を付与しています(=口座開設ボーナス)。オールインワン口座を対象に、1,000%入金ボーナスジャックポットを実施している点も見逃せません。換金率は2~1,000%です。抽選券は、24時間以内に決済済み取引5ロット以上で獲得できます(ボーナスを活用する場合は残高とボーナスの比率で計算)。証拠金額を大きく増やせるチャンスを用意している事業者です。

XMtrading

セーシェル共和国の金融庁から認可を受けている事業者です。

2022年12月時点においては、リアル口座を開設するだけで13,000円相当のクレジットを付与しています。ポイントは、入金不要で付与される点と全利益を出金できることです。5ドルからの入金に適用される100%と20%の入金ボーナスを実施している点も見逃せません。100%が適用されるのは最大500ドルまで、20%が適用されるのは最大10,000ドルまでです(またはその他の通貨の相当額)。つまり、合計で10,500ドルの入金ボーナスを受けられます。

以上を証拠金として活用できるため、ゆとりをもったトレードを行いやすい事業者です。ちなみに、主要クレジットカードによる入出金手数料はかかりません。隠れた手数料などもなしとなっています。

FXGT

FXGは2019年12月より開設した比較的新しい海外FX業者です。「XM」や「Axiory」の創立メンバーや業界大手の役員クラス出身者たちによる運営が行われています。

2023年4月時点においては、初回入金額に対して100%(上限10万円)、と通常入金額に対して20%(30万円未満の入金)と50%(30万円以上の入金)のボーナスを実施しています。
いずれもクッション機能がついているので、自己資金分の入金を使い切ってしまっても、ボーナスで含み損の補填が可能となっています。

また、2023年4月14日現在、Loyaltyリセットボーナスといって、条件を満たせばLoyaltyボーナスの上限金額に達しても、またリセットされてボーナスが使えるというキャンペーンを実施中です。

ボーナスだけでなくクッション機能の有無も確認

いかがでしたでしょうか。海外FXのボーナスに関連が深いクッション機能について解説しました。この機能を備えていないボーナスは、多くのケースで有効に活用できません。ボーナスをチェックするときは、機能の有無も併せて確認しておきましょう。

海外FX徹底ガイドでは、海外FX各社が提供するボーナスについて徹底比較した上で、最新の情報を発信しておりますので、ボーナスを元手に海外FXへのチャレンジをご検討中の方は、ぜひご覧ください。

ボーナスと税金の関係 【関連記事】 
   
その他