海外FXトレードに役立つ情報

海外FXのスワップポイントとは?運用上のポイントについて解説!

海外FXのスワップポイントとは?運用上のポイントについて解説!

海外FXを始める際に、よく理解しておきたいのが「スワップポイント」と呼ばれるものです。どのようなものなのか把握していないとうまく活用できず、損をしてしまう恐れもあります。

そこで、スワップポイントがよくわからず悩んでいる方のため、スワップポイントとは何か、どのように運用すれば良いのかについて解説します。この記事を読むことによってスワップポイントの理解が深まり、正しく運用できるようになるので参考にしてください。

運用における注意点についても解説します。

スワップポイントとは?

スワップポイントとは、金利が異なる2つの国の通貨において発生する金利の差のことです。

FXでは、ある国の外貨を購入し、もう一方の国の外貨を売却します。例えば、金利が低い通貨を売却し、金利が高い通貨を購入することにより、その金利差から発生する差額を受け取ることができます。

スワップポイントは、以下のような特徴を持っています。

◆スワップポイントの特徴

  • 金利差が大きいほどポイント額が大きくなる
  • 一方の通貨の価格が不安定になると金利差が反映されないことがある
  • 口座を開設するFX業者や通貨ペアでポイントが変わる
  • ポジションを持っている間、継続して付与される
  • スワップポイントは日々変動している
  • 差額がマイナスになった場合、スワップポイントの支払いが生じる(※)

※については、逆に高金利の通貨を売却し、低金利の通貨を購入した場合、支払いが生じることになってしまいます。必ずしも金利差で得をするものではないので、注意しましょう。

どのような影響で金利が変動するかはわかりません。現在スワップポイントを受け取っていたとしても状況が変わり金利差が逆転すれば、支払いが必要になってしまうこともあります。

なお、スワップポイントは口座を開設するFX業者によって異なります。そのため、できるだけ多く獲得したいと考えているのであれば、FX業者をしっかり比較して決めましょう。

スワップポイントの計算方法

1日当たりに受け取れるスワップポイントを計算する際は、先に年間スワップポイントを割り出しましょう。計算式は「為替レート×取引数量×政策金利の差」です。

年間のスワップポイントがわかれば、それを「365(日)」で割ることにより1日のスワップポイントがわかります。

なお、各FX業者ではスワップポイントを計算するためのツールを用意していることが多いです。自分で計算しても良いのですが、FX業者の計算ツールであれば通貨ペアと取引数量を入力することで試算可能なので、こちらも役立ててみてください。

主な海外FX業者のスワップポイント

FX業者によって、スワップポイントは大きく変わります。損をしないためにもしっかり比較しながら検討しなければなりません。 主な海外FX業者のスワップポイントについて紹介しましょう。
2022年10月12日時点の数字です。
USD/JPY (米ドル/円) EUR/JPY (ユーロ/円) GBP/JPY (ポンド/円) AUD/JPY (豪ドル/円) TRY/JPY (トルコリラ/円) MXN/JPY (メキシコペソ/円) ZAR/JPY (南アフリカランド/円)
Gemforex
(12/8現在)
買い 29円 -198円 548円 260円 63円 -97円
売り 23円 -280円 -1,284円 -916円 -119円 -230円
XM
(12/8現在)
買い 1,115円 142円 908円 295円
売り -1,925円 -1,138円 -1,972円 -1,145円
BigBoss 買い 51円 -529円 184円 -50円
売り -105円 -321円 -1,182円 -818円
Taitan FX
(10/1現在)
買い 364円 -14円 534円 429円 154円 100円
売り -1,533円 -497円 -1,461円 -759円 -213円 -179円
AXIORY 買い 1,006円 66円 641円 423円 520円 67円
売り -1,619円 -572円 -1,561円 -906円 -679円 -147円
LAND-FX 買い -69円 -98円 -105円 -68円
売り -88円 -78円 -106円 -63円
FBS 買い -231円 -691円 -340円 -218円
売り -434円 -275円 -556円 -414円
Exness 買い 6円 -40円 14円 -26円 60円 -3円
売り -42円 -8円 -71円 -19円 -2,438円 -52円
IFOREX 買い 1,254円 90円 929円 313円 30円 49円
売り -2,059円 -870円 -2,049円 -953円 -502円 -202円
Hotforex 買い 1,100円 50円 810円 140円 100円
売り -1,780円 -450円 -1,700円 -510円 -15,119円

日によってスワップポイントは変わるため、最新の情報は各公式サイト、またはMT4をご確認ください。

海外FXでのスワップポイントの上手な運用方法

スワップポイントはおまけのようなものではありますが、しっかり運用することにより利益につながります。そこで、上手な運用方法について3つ紹介します。

金利の高い通貨ペアで取引する

たくさんスワップポイントを受け取るために重要になるのが、金利の高い通貨ペアで取引を行うことです。金利によって変わるので、よく確認しましょう。

例えば、トルコリラ、アフリカランド、メキシコペソといった通貨は金利が高いです。

価格の下落を活用する

価格の下落については、十分注意しておかなければなりませんが、それをうまく活用する方法もあります。

まず、大前提として大暴落には常に備えておくことが重要です。

相場の波が大きくなり、意図せず強制ロスカットされてしまったような場合、大きな損をしてしまう可能性があります。

金利が高い通貨は相場変動も大きいので、証拠金を多めに入れるなどして備えておきましょう。

確実に価格の下落が見込まれる場合、早い段階で撤退すると大きな失敗を避けることができます。また、価格の下落を逆手に取り、底値で買いポジションを取れれば利益につなげることが可能です。

こういった形での運用を行っていくためには、情報収集が必須といえます。

サヤ取りを活用する

スワップポイントに関するリスクをできるだけ抑えるためには、サヤ取りが効果的です。サヤ取りとは、複数のFX業者を利用し、相場が変動した際のリスクに備える方法のことをいいます。

まず、同じ通貨ペアで買いスワップポイントが大きいFX業者と、売りスワップポイントが小さいFX業者の口座を開設しましょう。続いて同様の通貨ペアで買いスワップ30円、売りスワップ-15円のようなポジションを立てます。差額である利益は15円です。

買いスワップのみと比較すると損をすることになりますが、マイナスの売りスワップも持つことにより、通貨が暴落した場合も損益が相殺されます。

注意点として、FX業者の中には規約で複数口座、または複数業者での両建てを禁止しているところもあります。サヤ取りを行う前に規約を確認しておきましょう。

海外FXでのスワップポイントの注意点

スワップポイントをうまく活用しようと考えた場合、いくつか注意しておかなければならないポイントがあります。以下の6点に注意しておきましょう。

スワップは翌日に持ち越してから発生する

スワップポイントは、翌日に持ち越すことによって発生します。そのため、ポジションを立てた際にすぐ反映されるものではないので、勘違いしないようにしましょう。

ポジションを立て、すぐに解消した場合はスワップポイントを得られません。

ただ、マイナススワップのポジションについても同様であるため、日を跨ぐことなく解消すれば残高から引かれない点も理解しておく必要があります。

特定の通貨ペアに資金を集中させない

特定のペアのみに限定して資金を集中させてしまった場合、予想外の動きが起こった際にリスク分散ができません。FXでできる限りリスクを抑えるためには、通貨ペアを一つのみに限定しないようにしましょう。

特に注意したいのが、高金利通貨です。確かに金利は高いですが、予想できないような暴落リスクも含んでいます。ポジションに危険を感じた場合、解消するなどして対処することが重要です。

証拠金維持率を確認する

ロスカットによって強制的に決済が行われてしまった場合、大きな損をしてしまう可能性があります。ロスカットを防ぐためには証拠金維持率を確認し、一定額を維持できるようにしましょう。

特に多くのスワップポイントを得ようとレバレッジを高くしてしまった場合、ロスカットのリスクも上がることになってしまいます。10倍以上のレバレッジについて検討している方は注意が必要です。

高いレバレッジで得られる利益だけではなく、下落によってロスカットされた際のリスクも考えておかなければなりません。

スワップポイントは土日には発生しない

スワップポイントは365日発生しますが、付与されるのはFX業者が営業している日となります。ほとんどの業者では土日は営業を行っていないため、平日に3日分のポイントが付与されることになります。

付与されるタイミングは選択するFX業者によって変わるので、確認しておきましょう。多くの業者では水曜日に3日分が付与されるので、毎日は厳しいと感じているのであれば水曜日を狙ってみるのがおすすめです。日をまたいだ木曜の朝にかけて保有していた分はお特にスワップポイントがもらえることになります。

ファンダメンタルズ分析を行う

できるだけスワップポイント運用のリスクを避けるため、ファンダメンタルズ分析に取り組みましょう。ファンダメンタルズ分析とは、経済データを確認し、相場を予測する分析のことをいいます。

その国の物価上昇率や経済成長率のほか、財政支出などにも目を向けることが重要です。

スワップポイントの変動を確認する

スワップポイントは変動するものなので、毎日確認しましょう。ある日突然、変更されることもあります。場合によっては前日の半分ほどになってしまうこともあるので、注意が必要です。

一時的な数字ではなく、これまでの推移から予想を立てるようにしましょう。

注意すべきポイントも多いスワップポイント

スワップポイントの基本や運用について紹介しました。運用するための注意点などについてご理解いただけたかと思います。

スワップポイントは、よく考えて運用しないと損を出してしまうリスクもあるので、注意してみてください。

海外FX徹底ガイドでは、海外FX各社が提供するボーナスについて徹底比較した上で、最新の情報を発信しておりますので、ボーナスを元手に海外FXへのチャレンジをご検討中の方は、ぜひご覧ください。

海外FXトレードに役立つ情報 【関連記事】
海外FX GEMFOREX のボーナス
 
海外FX ボーナス比較
海外FX 各社の特徴とボーナス詳細
海外FX ボーナスの知る人ぞ知る情報
海外FXトレードに役立つ情報
海外FX ボーナスで知っておきたい事
国内FXと海外FXの比較
FX初心者向け「FXってどんなもの?」
FX初心者・中級者向け、お勉強コーナー
<FX初心者・中級者>プロが教える!利益を出しやすいトレード法とは 
海外FXの税金について
海外FXの自動売買とミラートレード
要注意!利用規約違反でペナルティも
海外FX コラム~これが知りたかった!~
お問い合わせ
GEMFOREX ボーナス GEMFOREX ボーナス