老後破産をしないために今できること~30年後に年金枯渇 。人類初の危機をどう乗り越える?

LESSON5
海外FX 役に立つコラム

老後破産をしないために今できること
~30年後に年金枯渇 。人類初の危機をどう乗り越える?

これまでの経験が通用しない時代。
日本は人類初の少子高齢化時代に突入する


現在、4人に1人が65歳以上となっています。
これでも高齢者が多いわけですが、2060年には2.5人に1人が高齢なになるとのことです。

これほどまでの少子高齢化はかつての日本でも、世界でも例を見ません。
つまり、初めての経験ということです。

ですから、今の若い世代は、深刻な状況がピンとこないかもしれません。

おそらく危機感を持っている人は多くはないと思います。

しかし、このままでは、彼らが高齢者になる頃には、生活そのものが成り立たない、でも社会保障を受けられないという事態になっていることが容易に予想されます。

国が何かをしようと思っても、その財源となる現役世代からの収入が少ないので、社会保障が先細りになっているのが現状です。

 

かつては、老後は退職金と年金で悠々自適の生活を送ることができました。

しかし、今の時代、転職する人も多いので、十分な退職金が出ないいことも多々あります。
それどころか、退職金制度を廃止している企業も多くあります。

その上年金まで満足にでないとなり、寿命が延びたら、老後の生活は不安しかありません。

今後の日本はどうなる?

では、30年後に予想される事態はどんなことなのか挙げてみましょう。
事実と予想とに分けて書きたいと思います。

現在わかっている事実

  • 2052年に年金積立金が枯渇
  • 2020年には1人の高齢者を2人の現役世代で支える計算になる
    (1960年頃は1人の高齢者を11人で支えていた)
  • 40年後には高齢者が2.5人に一人になる
  • 現役世代が減少するため税収激減する
  • 75歳以上の医療費負担を2割へ
  • 年金開始年齢を68歳~70歳へという案がある

今後予想される事態

  • 税収激減のため、社会保障が十分行えなくなる
  • IMFが提唱するように消費税は20%可能性あり
  • 医療費は4割負担になる可能性もあり
  • 税金だけで収入の6割取られる可能性も!?
  • 年金支給開始年齢を75歳まで幅を持たせる
  • 年金支給額激減(夫婦で十数万円も)
  • 生活保護(予想では4割増)や老後破産が増える
  • 高齢者雇用を増やす必要があるため現役世代の雇用が難しくなる
  • 住宅やマンションなどが老朽化するも、生活困窮者が多く修繕できずスラム化へ
  • 子供の数が減る為、学校、塾の倒産や教師の職が無くなり、ますます子供減少へ
  • 現役世代は、AIにより職を失う人が増え、雇用が減る。
    収入が安定せず、結婚が遠のくので子供減少へ
いかがでしょう。 予想というのは私が個人的に予想したのではなく、さまざまなメディアや学者やジャーナリストの意見です。 ですが、こうした事実がある以上、これらの予想はかなり現実的なものだと思います。

資産の有無が明暗を分ける

年金制度は現状が将来的にも維持されるとは限りませんから
例えば、70歳まで受け取りを延長していたら、70歳になった時に、大幅減額あるいは年金制度が崩壊ということがないとは言えません。

年金だけではなく、少子高齢化は事実なので、税収減による、医療費や介護保険料などの増額は避けて通れないでしょう。

高齢になればなるほど病気になる確率も高くなりますから、そのための備えを蓄えておく必要があります。

老後破産、生活保護という自体にならないためには 、資産のあるなしが明暗を分けます。


今できる解決策

国は、投資や資産運用を積極的に推奨する方向に転じました。

簡単に言えば「自分の生活は自分で何とかして」ということです。

企業も次々と副業を解禁してきています。
これも、会社からの給料だけでは、将来生活が危うくなることへの対策の一つです。

みずほ銀行が副業を解禁しました。
銀行という固いことで有名な業界までもが副業を解禁したことを、喜ぶばかりではなく、重く受け止めるべきなのです。

この国や企業からのサインを見逃してはいけません。
今すぐ、副業なり、投資や資産運用なり、毎月の給料以外に資産を増やす事を始めるべきなのです。

投資や資産運用は、多少のリスクは伴いますが、利益が出た場合は青天井ということになります。
アメリカでは、資産運用はごく普通のことで、多くの人が行っています。

ただ、現状、毎日くたくたになって働いているのに、この他にまだ働くということは現実的ではないと思う人も多いでしょう。

そこでお勧めなのがFXです。

FXのいいところは、PCかスマホさえあれば
いつでもどこでも作業ができることです。

その、作業も面倒と言う方は、プロのロジックを使った自動売買が売買を代行することも可能なのです。

むしろ、自動売買を使う方が効率よく収益を上げやすいのです。

自動売買ならプロのロジックで売買代行

自動売買には2種類あります。
プロのロジックを組み込んでいるのは同じですが、初心者でも簡単に使える見た―トレードがお勧めです。

カスタマイズ可能な
プロのロジックをさらに自分仕様にできるEA
※EA詳細はこちら >>

カスタマイズはほとんどできないが、
MT4 も、VPSサーバーも不要、設定1クリックでOKのミラートレード
※ミラートレード詳細はこちら>>

XMで口座を開設する

海外FXのボーナスやレバレッジを利用して、
自己資金を最大限に減らしてローリスクを実現

FXというとリスクが高いのではないか?と懸念する方もいます。
確かに、やり方によってはリスクが高くなる場合もないわけではありません。

しかし、海外FXであれば、 ゼロカットシステムにより「追証」のリスクはありません。
また、ボーナスやレバレッジを利用すると、リスクの低いトレードの実現も可能なのです。
詳しくはこちをご覧ください。

海外FXのボーナスやレバレッジを利用して自己資金を最大限に減らしてローリスクを実現>>

例えば、GEMFOREXでは口座開設ボーナスや入金ボーナスキャンペーンを頻繁に行っています。
そうしたキャンペーンを見逃さずに利用することで、自己資金をかなり減らしてローリスクのトレードを行うことができます。

XMで口座を開設する


海外FX 役に立つコラム
 
LESSON1
海外FX 業社別 徹底比較
LESSON2
業社別 ボーナス詳細
LESSON3
ボーナスキャンペーンの種類と特徴
LESSON5
ボーナス特典でうまく稼ぐコツ
LESSON4
どのボーナスを狙うべきか?
LESSON6
国内FXと海外FXの比較
LESSON7
要注意!利用規約違反でペナルティも
LESSON8
FX初心者の方向けページ
LESSON9
ボーナスと税金の関係
コラム
海外FX 役に立つコラム
お問い合わせ
当サイトおすすめ業社で口座開設する