国内FX VS 海外FX 「証拠金維持率比較」初心者でも儲かる!海外FX ボーナス徹底比較

LESSON5
国内FXと海外FXの比較

国内FX VS 海外FX 「証拠金維持率比較」

各種ボーナスを有効活用するためには、国内FXに比べて海外FX業社の方が優れているという話をしてきましたが、ここで、ロスカットリスクのお話をしたいと思います。

証拠金維持率とは?

証拠金維持率(海外FXでは「ロスカットレベル」と呼ばれています)とは、相場が下がってきて損失が発生した場合、証拠金が何パーセントを下回ったら、ロスカット(強制決済)されてしまうか、という最低ラインことです。

証拠金維持率は業社によって異なりますが、国内FXと海外FXでは、海外FXの方が、ロスカットレベルが低い傾向にあります。
つまり、強制ロスカットされにくいということです。

強制ロスカットはいきなり来るのではなく「マージンコール」と言って、危険水域になるとお知らせがとどくようになっています。

証拠金維持率は以下のような計算方法で決まります。
証拠金維持率=有効証拠金額(資産合計額+評価損益)/取引証拠金×100


分かりやすい数字で例を挙げてみましょう。
預けている証拠金が100,000円
評価損益が -10,000円
レバレッジ1000倍
ドル円為替レート 100円/ドルの時に10万通貨(=1千万円分)の買いポジションを保持
この場合、必要証拠金は10,000円となります。

証拠金維持率: 有効証拠金額(100,000-10,000)/10,000×100=900
つまりこのときの証拠金は900%ということになります。


国内FX業社の証拠金維持率

国内業社 証拠金維持率
外為オンライン ■L25 / L25mini コース■ 20%
■L25Rコース / L25Rminiコース 100%
楽天証券 50%
インヴァスト証券 100%
外為どっとコム 100%
カネツFX証券 50%
カブドトコム証券 ポジション毎にストップロスオーダー設定
SBI証券 30%
DMM.com証券 60%
GMOクリック証券 50%
トレイダーズ証券(みんなのFX) 100%
マネックス証券 証拠金維持率20%、30%、40%、50%から任意に選択
カブドットコム証券 75%
トレイダーズ証券 100%

海外FX業社の証拠金維持率(ロスカットレベル)

国内業社 ロスカットレベル(証拠金維持率)
GEMFOREX 20%
FBS 20%
XM 20%
iForex 0%
TITANFX 20%
AXIORY 20%
LAND-FX 30%
Bigboss 20%
Myfixmarkets 20%
ThinkForeX 50%
IronFX 20%

海外FX業社の証拠金維持率が低い理由

海外FXの業社の場合、レバレッジが高めになっていますから、最大25倍のレバレッジしかかけられない国内業社に比べて、少々の値動きでも利益が出やすく、損失も出やすいことから、証拠金維持率も低めになっています。

証拠金維持率が低ければ低いほど、ロスカットされにくい反面、ぎりぎりまでロスカットされなければ、損失が出た場合は、損失分が大きくなります。
ですから、そこは自分でロスカットを設定しておくなどの対応が必要となります。
ある意味、自分の裁量に任せてもらえるというメリットはありますね。

しかし、不測の事態の場合でも、「ゼロカットシステム」のおかげで、証拠金以上の損失は発生しませんから、そこは国内FX業社に比べて大きな違いです。

まとめ

国内FX業社と海外FX業社では海外FX業社の方が最低証拠金維持率が低くなっており、よりロスカットされにくくなっています。
それは、海外FXはハイレバレッジの取引を行っているため、少しの値動きで利益も損失も膨らむ可能性があるからですが、そこは時分でロスカットラインを設定しておくなどして、自分の裁量でコントロールすることができます。
国内FXと海外FXのボーナス比較★ 【関連記事】
 
LESSON1
海外FX 業社別 徹底比較
LESSON2
業社別 ボーナス詳細
LESSON3
ボーナスキャンペーンの種類と特徴
LESSON4
どのボーナスを狙うべきか?
LESSON5
ボーナス特典でうまく稼ぐコツ
LESSON6
国内FXと海外FXの比較
LESSON7
要注意!ボーナスの利用規約違反のペナルティ
LESSON8
これからFXを始めたい人専用
LESSON9
ボーナスと税金の関係
コラム
海外FX 役に立つコラム

お問い合わせ