日本国内のFXと海外FXの比較

「海外FXはやめておいたほうがいい」ってホント?

ハイレバレッジ取引は危険?

海外FXと言えば、ハイレバレッジで取引できることがメリットの一つです。
そもそも「ハイレバレッジって何?」という方のために少しご説明します。

ハイレバレッジイメージ

そもそもレバレッジとは?

レバレッジ(Leverage)というのは、Lever(てこ)から来ているのですが、「てこの原理」という事です。
てこを利用することで、軽いもので重いものを持ち上げることができますが、FXでのレバレッジは、少ない証拠金で大きなの取引を行うことを指します。

国内FXでは金融庁の規制により、最大25倍までのレバレッジしかかけることができません。
海外FXのほとんどは日本の金融庁には登録していませんから、その規制の適用外なので、最大レバレッジ500倍や1000倍などが可能なのです。

GEMFOREXのように最大レバレッジ5000口座を用意している業者もあります。
レバレッジは、自分で設定することができる業者もありますが、多くは、入金額に応じて自動的に設定されますので、必ずしもハイレバレッジを使わなくてはいけないわけではありません。

海外FXのハイレバレッジは使い方次第ではむしろメリットが一杯

レバレッジが大きければ、少ない資金で大きな利益をあっという間に得ることも可能ですが、 その逆、つまり、損をするときもあっという間とも言えます。
ですから、海外FXで取引しても、あまり大きすぎるレバレッジで取引をしなければいいだけなのです。

ただ、国内FX業者のように最大25倍ですと、そこそこの利益を得るには、かなりの自己資金を用意する必要があります。

ゼロカットシステムがリスクを大きく下げてくれる

「損をするときもあっという間」と言いましたが、実は、どんなに損をしても、口座の証拠金以上の損失が発生しないのが海外FXの特徴です。
それは、ゼロカットシステムといって、証拠金がゼロになった時点で、それ以上の損失をリセットしてくれるからです。

つまり、余裕資金でFX取引をしている限り、生活が破綻したりするということはありません。
国内FX業者の場合、もし、急激な相場の上昇や下落が起こった時に、損切り設定を飛び越えて、保有ポジションの損失を広げてしまう場合があります。

そういう事態に陥ったら、成り行き注文すらも受け付けてもらえない場合もあるのです。
そうなると、投入した資金以上の損失が底なしに発生してしまう可能性もあります。

ですから、ゼロカットシステムの恩恵に預かれる海外FXの方がリスクが少ないとも言えます。
投資資金が大きいプロのトレーダーの多くが海外FXを使うのもそのためですね。

海外FXであっても、入金額で(業者によっては手動で)レバレッジを調節することは可能なのです。 海外FX=ハイレバレッジ というわけではないのです。

海外FXでは口座凍結や出金拒否がある?

口座凍結や出金拒否がある?

よく、海外FXは口座凍結されたり出金拒否されたりすることがあると書かれているブログを見かけます。

なぜ、このようなことが書かれるのでしょう。
それにはいくつかの理由があります。

①このブログの筆者が国内FX関係者やアフィリエイターであるので、国内FX業者を宣伝したいため。
②海外FXの詐欺サイトであったため。
③トレーダーが不正を行ったため、口座凍結や出金拒否された。
④出金可能日でないときに出金申請した

等が挙げられます。

この中で、注意したいのは②と③ですね。
②の詐欺サイトについては、歴史の浅い業者、日本語がおかしい業者、見慣れない業者については注意しましょう。

当サイトでご紹介している上位サイトは、歴史も長く登録口座数、取引数の観点からもしっかり実績を残しているのでご安心ください。

③のトレーダーの不正については、悪意を持って不正を行った場合に、口座凍結や出金拒否にあうのは仕方がありません。 万匹をして捕まったら文句を言えませんよね?それと同じことです。

ただ、悪意がある場合だけではありません。
業者のルールを知らないままに行ってしまったことが原因でペナルティを受ける場合もあります。
ですから、トレードのやり方などは、しっかり利用規約を読むことをお勧めします。

日本の金融庁に登録されていないのはなぜ?

日本の金融庁に登録されていないのはなぜ?

海外FX業者は日本の金融庁に登録をしていません。

それは、日本の金融庁に登録をしてしまうと、海外FXの大きなメリットであるハイレバレッジ取引ができなくなってしまうからなのです。

その他にも日本のルールに従う必要があり、そうなると、ゼロカットシステムも利用できなくなってしまう可能性もあります。

日本の金融庁の管轄外ということになると、何かのトラブルの際に日本の国に助けてもらえないというデメリットはあります。

国内FX業者の方が絶対に安全?

上述したように、ゼロカットが存在することで、海外FXでは証拠金以上の損失を被ることはありませんからだいぶリスクを減らすことができます。

要するに、投資金額を失って困らないだけの資金だけを使うようにすれば、大損や破産という事は起こりません。

実際に、スイスフランショックの時のように20分の間に40円もの相場変動があるというような不測の事態が起こった際に、破産したのは、国内FX業者のトレーダーさんでした。

トラブル時のことを考えると、自分でしっかりコミュニケーションをとることができる、日本語が通じる業者、さらに言えば、サポートが日本人の業者を使うことが大切です。

また、しっかりルールをその業者の把握するためには、ホームページのわかりやすい日本語で書かれたサイトを選ぶことです。

国内FX業者でボーナスをもらうには?

海外FXで自己資金を減らしやすい理由は、ハイレバレッジだけではありません。
それは、豪華なボーナスです。

業者によって、ボーナスを提供していたり、していなかったりしますが、ボーナスありの事例でご紹介します。
ボーナスありの業者の中でも一番高いボーナスを出すと言われるGEMFOREXでは、期間限定で口座開設ボーナスが10000~30000円、入金ボーナスが100%~200%提供しています。

口座開設ボーナスを利用すれば、入金なしでFX取引を開始することができます。
入金ボーナスを利用すると、100%ボーナスなら入金した金額と同額のボーナスが提供されます。

つまり、2倍の取引ができる、または、リスクが半分になるということですね。

これに対して、国内FX業者のボーナスを見て見ると、新規登録時にもらえる口座開設ボーナスとういのは見かけません。
取引額に応じたキャッシュバックというケースがありますが、獲得する為の条件が非常に厳しいのが特徴です。

その多くが一定の取引を行った場合に、キャッシュバックが提供されるというものですがその取引が、驚くほど多くの取引を必要とする場合もあります。

まとめ

海外FXと言えば、ハイレバレッジで取引できることがメリットの一つです。
ハイレバレッジは少ない資金で大きな取引ができる、つまり大きな利益を得ることができる一方、損失も大きくなる傾向にあります。

しかし、海外のFX業者のほとんどがゼロカットシステムを採用しており、口座の証拠金以上の損失は発生しません。 ですから、余裕資金で取引をしている限りはむしろ海外FXの方が安全とも言えます。

また、海外FXにおいても、レバレッジは、自分で設定することができる業者もありますが、多くは、入金額に応じて自動的に設定されますから、必ずしもハイレバレッジを使わなくてはいけないわけではありません。

海外FX業者で詐欺サイトでないかぎり、理由もなく口座凍結や出金拒否というのが発生するとは考えられません。

ただし、ユーザーが不正をしたり、悪意のあるトレード手法を使ったなどの場合、そうしたペナルティが科せられる場合がありますので、利用規約はしっかり読んでおきましょう。

海外FXは日本の金融庁に登録されいません。
それは、登録してしまうと日本の規制の制約を受けて、海外FXの特徴であるハイレバレッジ取引ができなくなるからです。

国内FX業者では新規登録で無条件にもらえる口座開設ボーナスはありませんが、一定の取引を行った場合にキャッシュバックを受けられるボーナスがある業者はあります。

ただし、獲得条件がかなり厳しいのが特徴です。

こうしたことを考えると、レバレッジも自分で調節で来て、証拠金以上の損失が発生しないという点で大きなリスクを負いにくい海外FX業者は、やめておいたほうがいいどころかむしろお勧めしたいところです。

当サイトがお勧めするNO1業者がGEMFOREXです。

GEMFOREXで現在開催中のボーナス
海外FX GEMFOREXで現在開催中のボーナス
 
国内FXと海外FXのボーナス比較★ 【関連記事】
海外FX GEMFOREX のボーナス
 
海外FX ボーナス徹底比較
海外FX 各社の特徴とボーナス詳細
ボーナス特典でうまく稼ぐコツ
国内FXと海外FXの比較
FX初心者の方向け
<FX初心者・中級者> プロが教える!利益を出しやすいトレード法とは 
ボーナスと税金の関係
要注意!利用規約違反でペナルティも
どのボーナスを狙うべきか?
海外FX 役に立つコラム
お問い合わせ
GEMFOREX ボーナス GEMFOREX ボーナス