【海外FX】「ボーナス」を捨ててもスプレッドゼロの口座で朝活がおすすめ

LESSON4
どのボーナスを狙うべきか

【海外FX】「ボーナス」を捨ててもスプレッドゼロの口座で朝活がおすすめ

朝活には「ボーナス」を捨ててもスプレッドゼロの口座がおすすめ

「どのボーナスを狙うべきか」というカテゴリーなのですが、今回は、ボーナスを捨てるというお話です。

せっかくもらえるはずのボーナスを捨てるとはどういう意味でしょう。 それは、ボーナスが付与されない口座を開設する、ということです。

各業者で、スプレッドがゼロ、または、限りなくゼロに近いスプレッドになっている口座が用意されている場合があります。

その口座を利用して、超短期トレードをするということなのです。

 

朝活のすすめ

昼間、仕事をしている場合や、夜寝ている間にロスカットされるのが怖いと思われる方もいることでしょう。
専業のトレーダーのように、一日中パソコンやスマホを見ていられればいいのですが、そうも行きません。

ですから、必ず取引画面を見ていられる時だけ、トレードを行うという人も少なくありません。
それは、夜よりも朝がおすすめです。

朝、少し早起きをしてみてください。
仕事や学校に出かける前の30分くらいを朝活に使ってみませんか?

朝活をおすすめする理由

画面を見ていられるのなら夜でもいいだろうと思われるかもしれませんが、朝のほうがいい理由があります。 それは、日本時間の朝以降、アメリカは夜~夜中に入っていきますので、相場が動きにくいのです。

逆に、日本時間の夜は、アメリカでは、朝、経済が動き出す時間帯なので、もろもろの発表などがあり、相場が動きやすくなっています。 そのため、一般的には朝の方がある程度相場の動きが穏やかなのです。

また、夜にトレードを行うとダラダラと際限なく続けてしまって、寝不足になってしまうというデメリットもあります。

朝のスキャルピング(超短期トレード)

さて、動きだ穏やかなのはいいとして、あまり動かなすぎても利益が取れないため困ります。
スプレッド分以上は動いてくれないと・・・

そこで、スプレッドがゼロの口座を開設することをおすすめします。
スプレッドゼロと言っても、まったくゼロの場合もありますし、若干のスプレッドがある場合もあります。
「ほぼゼロ」というのが正解かもしれません。

ここで注意したいことがあります。

■スプレッドがゼロの口座は、概ね、最小入金額がスタンダードな口座よりも多い場合が多いです。

■取引ごとに手数料がかかる場合があります。

■ボーナスが受け取れない場合があります。

■EAやミラートレードが使えない場合があります。

業社によってまちまちですが、スタンダード口座に比べて何かを捨てなくてはならないことが多いのです。

 

まずは、各社のスプレッドゼロの口座のスペックを見てみましょう。

業社 スタンダードな口座 スプレッドゼロの口座
GEMFOREX オールインワン口座
ノースプレッド口座
最小入金額 100円($1) 30万円($3000)
最大レバレッジ 1000倍 1000倍
ドル円
スプレッド
1.2pips~ 0.0pips~
手数料 無料 無料
入金ボーナス 可能 不可
その他 EA、ミラートレード可 EA、ミラートレード不可
XM スタンダード口座
ゼロ口座
最小入金額 $5 $100
最大レバレッジ 888倍 500倍
ドル円
スプレッド

1pip~

0pips~
手数料 無料 1取引 $5/lot
入金ボーナス 可能 不可
FBS スタンダード口座
ゼロスプレッド口座/ECN口座
最小入金額 $100 $500/$1000
最大レバレッジ 3000倍 3000倍/500倍
ドル円
スプレッド

0.5pip~

0pips~/-1pip~
手数料 無料 1取引1lotあたり $20
/1取引 1lotあたり$6
入金ボーナス 可能 可能/可能
TitanFX スタンダード口座
ブレード口座
最小入金額 $200 $200
最大レバレッジ 500倍 500倍
ドル円
スプレッド
1.2pips 0.0pips~
手数料 無料 $3.5/lot

朝活は、スキャルピング(超短期トレード)を行いますから、薄利多売の勝負となります。
そのため、1回当たりの手数料が大きいと、スプレッドがゼロの意味がなくなってしまいます。

そこで、できるだけ手数料が少ないということを優先させたほうがいいのです。

各社のスプレッドゼロの口座

GEMFOREX ノースプレッド口座

GEMFOREXは最低入金額が少し高めですが、手数料が無料というのは非常に魅力的です。

ただし、入金ボーナスは受け取れませんし、EAも使えません。
しかし、それをもってしても、朝活のスキャルピングを行うにはとてもいい条件が揃っていますので、第一候補に入れたいところです。

XM ゼロ口座

最低入金額は$100なので、気軽に始めることができます。
ただし、手数料が1ロットあたり$5かかります。往復で$10ですので、注意が必要です。
FBSよりは手数料が安いもののGEMFOREXの無料と比べるとどうしても見劣りしてしまいます。

入金ボーナスは受け取ることができません。

FBSのゼロスプレッド口座/ECN口座

最低入金額もそこそこですが、手数料がとても高いです。
この手数料であれば、スプレッドが低いことのメリットがあまりないように思われます。

TitanFXのブレード口座

TitanFXはもともとボーナスがないので、ボーナスがないというデメリットは考えなくてもよいでしょう。
手数料は1ロットあたり$3.5ですので、GEMFOREXの無料についで条件はいいことになります。

<参考記事>海外FX ボーナス付の一般口座とボーナスなしノースプレッド口座どちらがいい?

GEMFOREXのもう一つの活用法

GEMFOREXは手数料無料であることの他に、もう一つのメリットがあります。
それは、両建てです。

両建てを行うには、スプレッドが狭ければ狭いほうがいいのですが、GEMFOREXのノースプレッド口座ではスプレッドが狭く手数料も無料であるため、両建てが行いやすいのです。

しかし、GEMFOREXには、それよりも大きなメリットがあります。

それは、ロングもショートもプラスのスワップになっている通貨ペアがあるのです。

GEMFOREXのスワップポイント
(1lot=10万通貨あたり)

通貨 ロング
(買い建て)
ショート
(売り建て)

USD/JPY
(スプレッド1.2)

0.21300(※1) 0.28700(※1)
EUR/USD
(スプレッド1.2)
0.24700 0.25300
USDHKD
(スプレッド15)
0.90000 1.48000
USD/ZAR
(スプレッド16)
1.00000 1.21000

GEMFOREXのノースプレッド口座を開設して、 あるポジションでは、両建てでスワップポイントを貯めて、別のポジションで朝活をするというのも一つの方法です。

ボーナスを捨ててでも、GEMFOREXのノースプレッド口座を利用する価値は大いにあると言えます。

まとめ

昼間仕事をしている間や夜寝ている間にロスカットされてしまうというリスクを避けるために、 朝の時間を利用して超短期トレードを行うことをおすすめします。

そのためには、スプレッドがゼロの口座を利用したほうがよいのです。 ただし、ほとんどの業社ではスプレッドがゼロの口座は手数料がかかります。

GEMFOREXではノースプレッド口座でも手数料はゼロなのでおすすめです。

さらに、GEMFOREXではロングもショートもプラスの通貨ペアがありますので、スワップを貯めることを目的として ノースプレッド口座で両建てを行うためのポジションを持ってもよいと思います。

どのボーナスを狙うべきか?【関連記事】
LESSON1
海外FX 業社別 徹底比較
LESSON2
業社別 ボーナス詳細
LESSON3
ボーナスキャンペーンの種類と特徴
LESSON5
ボーナス特典でうまく稼ぐコツ
LESSON4
どのボーナスを狙うべきか?
LESSON6
国内FXと海外FXの比較
LESSON7
要注意!利用規約違反でペナルティも
LESSON8
FX初心者の方向けページ
LESSON9
ボーナスと税金の関係
コラム
海外FX 役に立つコラム
お問い合わせ
当サイトおすすめ業社で口座開設する