【海外FX で 両建てをやってみたいけど、OK?禁止】FX で得する人 /損する人を徹底比較


要注意!ボーナスの利用規約違反のペナルティ

海外FXで両建てをやってみたいけど、OK?禁止?

両建てとは?

両建てとは、同じ通貨で買いポジションと売りポジションを同時に同数持つことを言います。
同一口座で、両建てを行えば、相場が上がっても下がっても、利益と損失は同額になるため、スワップを考えなければ利益は増えも減りもしません。

利益が増えないなら、なぜ、両建てを行うのでしょう?

    
相場が下がってきた時に両建てを行うとこれ以上の損失を避けることができる
  

よくあるケースとしては、ポジションを保有中、相場が逆方向に進んでしまい、これ以上の含み損を食い止めるために、逆ポジションを同数保有するということがあります。

しかし、この他にも両建てを行う理由や方法はいくつかあります。
方法によっては、禁止されている両建てもありますので、禁止行為を行ってペナルティを受ける前に、各社の両建て禁止状況を把握しておきましょう

両建てにも、使う口座によっていくつかの種類があります

上記のように両建てを行ってしまうと、通常は、利益も損失も生まれなくなるのですが、中には、両建てによって利益を得る方法もあります。
ここでは、両建てにはどんな種類があるのか見て行きましょう。

同一口座内両建て

同一口座内で両建ては概ねどの業者でも特に禁止はしていません。
保有ポジションの含み損をこれ以上増やさないための両建ては、業者にとってもそれほど大きなリスクはありませんから、禁止もしないのです。

両方のポジションを違う価格で約定した場合、決済のタイミングが少し難しくなります。

もし、相場が下がり続ければ、売りポジションを決済して利益確定し、相場が上がって来たら、買いポジションを決済して利益を出します。
しかし、相場が下がり続ける中、売りポジションを決済して利益を得たのはいいとして、さらに下がり続けた場合、買いポジションの損失は膨らんでしまいますから、リスクがあります。
このまま、ずっと両建てを続けた場合は、スワップの差額分の利益または損失があります。

売と買いのポジションのスワップの合算額がマイナスであった場合、損失が発生しますが、差額が小さく、ポジションがそれほど大きくない場合は微々たる数字です。
通貨によっては、その差額が大きい場合もありますから要注意です。

例)1万通貨あたり ドル円の ロングスワップ 80円/ショートスワップ -95円 の場合
この場合、1万通貨保有していれば毎日 15円ずつ損失が発生します。

■スワップ狙いの両建て

上記の例とは逆に、合算額がプラスであった場合、その差額だけは貯まって行くことになります。
あえて、そのスワップの差額を貯めるために、大量のポジションを両建てすることで、「スワップ狙いの両建て(スワップのサヤ取り/スワップアービトラージ)」を行う人もいます。

スワップ狙いが明らかであることが業者にばれると、ペナルティを受ける可能性もありますので要注意です。
スワップのサヤ取りは禁止している業社も多いのですが、GEMFOREXは禁止どころかむしろ推奨していますので、GEMFOREXに口座をお持ちの方は安心してください。

実は、GEMFOREXにはロングもショートもプラスのスワップポイントがあります。
これを同一口座で両建てすれば、両スワップを獲得できます。
1ロットあたりのスワップポイントは微々たるものですが、為替変動リスクがないので多めのロット数を保有してもいいかもしれませんね。

GEMFOREXのスワップポイント
(1lot=10万通貨あたり 2019/10/4時点の―と)

通貨 ロング
(買い建て)
ショート
(売り建て)

USD/JPY
(スプレッド1.2)

0.21300(※1) 0.28700(※1)
EUR/USD
(スプレッド1.2)
0.24700 0.25300
USDHKD
(スプレッド15)
0.90000 1.48000
USD/ZAR
(スプレッド16)
1.00000 1.21000

 

<参考>リスク完全ゼロでスワップだけ貯まって行く方法

ゼロリスクでスワップポイントだけを可能貯めることも可能

 

■トレンド狙いの両建て

経済指標の発表時は、相場が乱高下することがあります。

例えば、米国の雇用統計が予想よりも良かった場合、急激に相場が上昇しますが、ある時点になると急降下して、もともとのレートより下がってしまう事さえあります。また、その逆もあります。


この乱高下を利用するのです。

経済指標の直前に両建てをしておき、相場が急上昇したタイミングで、買いポジションを決済、その後、急降下したタイミングで売りポジションを決済。

ただし、こうした指標などの乱高下を利用した両建ては禁止している業社もありますから、確認が必要です。
ルール違反と判断されれば、ペナルティを受けることもあります。

同一業者での複数口座の両建て

同一業社で、別の口座を使って両建てを行うという場合もあります。 なぜ、わざわざ別の口座で両建てを行うかと、ゼロカットを狙っているからなのです。

つまり、同一口座で両建てをしてしまうと、スワップの微々たる差額を考えなければ、ゼロカットになることはありません。

しかし、別口座で両建てすることにより、もし、相場が急落あるいは急騰した場合、片方のポジションはゼロカットにより、残高はゼロになりますが証拠金以上の損失はありません。

しかし、もう片方のポジションは、大きな利益が出ているはずです。

つまり、同額の利益と損失になるのではなく、利益だけ大きく、失うのは証拠金分のみということになります。
複数口座での両建ては禁止されている業社もあるので注意しましょう。

同一業社でボーナスを使った複数口座での両建て

複数の口座で両建てする場合

さて、ここで、入金ボーナス100%など、ボーナスを利用して、自己資金を2倍などにしたうえで、複数口座の両建てを行うと、どうなるでしょう。

相場が大きく上昇した場合、両建ての内、買いポジションは大きな利益を出します。
売りポジションは同じ分だけの損失が出ますが、証拠金以上の部分はゼロカットにより業者が負担してくれます。

ですから、最悪でも自己資金の損失分だけで済むのです。

この方法はボーナスを使って、より少ない自己資金でローリスク、ハイリターンを狙うものですが多くのボーナスを提供している業社では概ねこれを禁止しています。

異なる業社間での両建て

異なる業社で両建てを行うと、上記に記した、複数の口座で両建てを行うのと同じようなことができます。

業社が異なるならばれることもないだろうと思われるかもしれませんが、そうでもなく、ばれてしまうことも多々あります。
特にボーナスを提供している業社では概ねこれを禁止していますので注意しましょう。

各社の両建て許可/禁止状況

  同一 複数 異業社
GEMFOREX OK NG NG
FBS OK OK※1
Titan OK※1 OK※1 OK※1
HotFOREX OK NG NG
LAND-FX OK NG NG
iFOREX OK NG NG

※1 ゼロカット狙いの両建てはNG
GEMFOREXではスワップ差額狙いの同一口座両建てを推奨しています。
<参考>リスク完全ゼロでスワップだけ貯まって行く方法

異業種社で両建てを行ったらばれるものなの?

海外FXでは、MT4やMT5など共通のプラットフォームを使っている場合が多いのです。プラットフォームが同じであればばれてしまう可能性が高いと言えます。

また、名義を変えて家族で両建てを行うというひともいますが、これもやはりNG行為となります。 要するに、ゼロカットを狙って、ボーナスなどを利用する両建てはNGと考えたほうがよさそうです。

たとえ抜け道を見つけたとしても、もし、業者側がNGと判断した場合、出金拒否や口座凍結などの措置を取られてしまうこともあり、何のための両建てかわからなくなってしまいます。

業社側も商売ですから、不正行為に対する対策はしっかり立てています。 規約に書いていないから不正ではないのでは?という理屈は通じず、容赦なく、ペナルティを課せられますから、危ない橋は渡らないほうがよろしいと思います。

要注意!利用規約違反のペナルティ 【関連記事】
 
LESSON1
海外FX 業社別 徹底比較
LESSON2
業社別 ボーナス詳細
LESSON3
ボーナスキャンペーンの種類と特徴
LESSON5
ボーナス特典でうまく稼ぐコツ
LESSON4
どのボーナスを狙うべきか?
LESSON6
国内FXと海外FXの比較
LESSON7
要注意!利用規約違反でペナルティも
LESSON8
FX初心者の方向けページ
LESSON9
ボーナスと税金の関係
コラム
海外FX 役に立つコラム
お問い合わせ
当サイトおすすめ業社で口座開設する