海外FXのすごいところ~ボーナスとレバレッジの関係~

LESSON5
国内FXと海外FXの比較

海外FXのすごいところ~ボーナスとレバレッジの関係~

海外FX関連のネット記事でよく「ボーナスが豪華」という言葉を見かけませんか?
たとえば、海外FXのブローカーの中には口座開設ボーナス10000円、入金ボーナス100%などのキャンペーンを行っています。とにかくボーナスが豪華!と言っても、10000円?、入金したら100%ってそんなに豪華ですか?

例えば100万円入金すれば、確かに100%ボーナスで200万円になりますが、初心者の方などはいきなりそんなに入金するのはこわいですから、たとえば50000円くらい入金しますよね。
それが10万円になるわけです。
まあ、すごいとも言えなくはないですが・・・

海外FXのボーナス額がすごいと言われるワケ

例えば口座開設ボーナスが未入金で10000円受け取れる例に挙げてみましょう。
10000円という金額がそれほどすごいとは、一見思えません。
ところが、1ドル100円で計算すると
レバレッジを10倍効かせれば 1000通貨の取引(10万円分)の取引を行うことができます。
同じ様に、
レバレッジ100倍で 10000通貨の取引(100万円)
レバレッジ1000倍で10万通貨(1000万円)

の取引を行うことができるのです。
国内FX業者が最大レバレッジ25倍という規制がかかっているのですが、海外FX業者は無制限ですから、1000倍のレバレッジをかけられる業者もあります。

たった10000円で1000万円分の取引ができるのです。
すごいと思いませんか?

たとえばGEMFOREXを例に挙げてみます。
1ドル100円として考えてみましょう。
20000円の入金ボーナスで、レバレッジ1000倍であれば、20万通貨、(2000万円分)の取引ができるということになります。
1ドル100円の時に、20万通貨のドルを買って、1ドル101円になると20万円の利益となります。
(実際は、相場が下がった時のことを考えると、ぎりぎりではなく余裕を持ったトレードをする必要があります)

レバレッジをたくさんかけるほどリスクが低いのはなぜ?

ハイレバレッジが危険である場合

ボーナスは高いレバレッジをかけてトレードすれば、大きなトレードができることがわかりました。
しかし、国内では最大レバレッジ25倍という規制があるからには、高いレバレッジをかけることは、大損する可能性があって危険なのでは?と思いたくなります。

確かに、相場の急変時、レートが飛んでしまう場合があります。
そういう時、値が飛んでしまうため本来ロスカットされるべきところでロスカットされずに保有ポジションがどんどん下がり続けてしまう場合があります。
しかも、そういう時は、約定もできない状態になることも多々あります。
その結果、業者から損失分について「追証(追加証拠金)」の請求があるのです。
これが莫大な金額であると、最悪破産する人も。

しかし、これは国内FXのお話です。
海外FXはほとんどの業者が「ゼロカットシステム」を採用していますから預けている証拠金以上の損失は業者がかぶってくれます。つまり、投入した自己資金以上の損失は被らないということになります。

  

海外FXではハイレバレッジで取引をするほど安全

      

証拠金として投入する自己資金以上の損失は被らないことがわかりました。 そうであれば、投入する自己資金を少なくすれば、損失時の被害が少ないことがわかります。

例えば10万通貨分の取引をするのに、レバレッジ1000倍をかければ、必要証拠金は10000円ですから、最悪損をしても10000円だけです。

ところが、同じ10万通貨分の取引をするのにレバレッジ10倍をかければ必要証拠金は100万円になりますから、その100万円がすべてなくなってしまう可能性もあるわけです

つまり、ハイレバレッジをかけて自己資金をできるだけ少なくすることで、ローリスク、ハイリターンという夢のようなトレードも可能になって来ます。

 

レバレッジってどうやってかけるの?

      

よく、レバレッジ100倍かける、1000倍かけると、耳にするものの実際MT4などを使う中で「レバレッジを設定する」という項目がないことに気が付きます。 そうなのです。レバレッジを自分で設定はできないのです。 業者の中には、おおまかなレバレッジを設定できる場合もありますが、多くの場合はできません。

では、どのようにレバレッジが設定されるのかと言うと、預けている証拠金とトレード金額で決まります。

   

レバレッジは証拠金とトレードする通過量で決まる

つまり、「証拠金○○円にレバレッジ○○倍をかけて、○○通貨のトレードをする」のではなくて、「○○通貨のトレードをするために、○○円の証拠金を預けておくと、自動的にレバレッジは○○倍と計算されるのです。

 

1ドル100円とすると、10000円を証拠金として預けていて、10万通貨の取引を行えば、レバレッジは10倍になるということです。

 

まとめ

海外FXの魅力はなんといっても豪華なボーナスです。
とは言え、どれほど豪華なのかと思えば、口座開設ボーナスが10000円!?
意外と大したことないじゃない、と思う方もいらっしゃるでしょう。

国内が最大レバレッジ25倍であるのにた対して、海外では無制限にハイレバレッジを実現しています。
例えば、1000倍のレバレッジをかければ、10万通貨の取引が可能なのです。
これがボーナスが豪華と言われる所以です。

ハイレバレッジは危険では?と言う発想は国内FXのものです。
海外の場合はゼロカットシステムの採用により、逆に、レバレッジを高く効かせて、自己資金を少なくすることでローリスクハイリターンのトレードも可能となります。

国内FXと海外FXのボーナス比較★ 【関連記事】
 
LESSON1
海外FX 業社別 徹底比較
LESSON2
業社別 ボーナス詳細
LESSON3
ボーナスキャンペーンの種類と特徴
LESSON5
ボーナス特典でうまく稼ぐコツ
LESSON4
どのボーナスを狙うべきか?
LESSON6
国内FXと海外FXの比較
LESSON7
要注意!利用規約違反でペナルティも
LESSON8
FX初心者の方向けページ
LESSON9
ボーナスと税金の関係
コラム
海外FX 役に立つコラム
お問い合わせ
当サイトおすすめ業社で口座開設する