海外FX 入金ボーナスで節税が可能に!?


ボーナスと税金の関係

海外FX 入金ボーナスで節税が可能に!?

国内FXと海外FXの税制の違い

FXでトレードを行う場合、FXそのものの利益を考慮すると同時に、税金についても考えておく必要があります。
同じFXでも国内FXと海外FXでは、課税方式が異なります。
国内FXは申告分離課税、海外FXは総合課税として扱われます。
まずは国内FXと海外FXでの、税制の違いを細かく比べてみましょう。

国内FXと海外FX比較表

  国内FX 海外FX
課税方式 申告分離課税 総合課税
種類 先物取引に係る雑所得等 雑所得
税率 (※1)
20.315% (一律) 15~55% (累進)
繰越控除 3年間できる できない
経費計上 できる できる

※1)税率は所得税・住民税の税率(別途 2.1%の復興所得税がかかります)
海外FXの場合は総合課税の累進課税、つまり、給与所得など他の所得と合わせて課税され、所得が多い人ほど税金が高くなるということです。
また、海外FXの場合は、繰越控除ができません。
繰越控除とは損失が出た場合、当年で損失を控除しきれないときに、翌年以降3年間は損失を繰り越して利益から控除することができる制度です。

具体的な適用される税率は以下の通り。

年間利益額(円) 税率 税率の内訳 控除額(円)
~195万 15% 所得税5%+住民税10% 0
195万~330万 20% 所得税10%+住民税10% 97,500
330万~695万 30% 所得税20%+住民税10% 427,500
695万~900万 33% 所得税23%+住民税10% 636,000
900万~1,800万 43% 所得税33%+住民税10% 1,536,000
1,800万~4,000万 50% 所得税40%+住民税10% 2,796,000
4,000万~ 55% 所得税45%+住民税10% 4,796,000

(別途 2.1%の復興所得税がかかります)

海外FXの節税の必要性

給与所得者ではFXの年間利益が20万円以上の場合、非給与所得者では年間利益が38万円以上の場合に確定申告が必要となります。

海外FXの場合は、累進課税となりますから、所得の合計が420万円までであれば、国内FXよりも税金が安くなります。それ以上になるとどんどん税金が上がって来ます。
所得とFXの利益(雑所得)合算ですから、420万はあっというまに超えてしまう可能性があります。

また、海外FXは
1)損失繰り越しができません。
国内は損失3年間繰り越すことができます。
2)損益通算ができません。
損益通算とは、例えば国内FXと海外FXのように税区分の異なるもの同士の損益をまとめることができないということです。
3)内部通算は可能です
内部通算とは、同じ税区分のものは損益をまとめることができるということです。
たとえば海外FXは雑所得ですから、他の雑所得と損益をまとめることができるという意味です。

海外FXは税制面では国内FXより不利ですから、その分節税を考えることをお勧めします。

海外FXの入金ボーナスで節税が可能!?

海外FXでは入金ボーナスキャンペーンを行っている業社があります。
この入金キャンペーンを利用して、節税する方法があるのです。
節税効果を期待するのであれば、初回入金だけではなく、入金ごとにボーナスが付与されることが理想です。

入金ボーナスがないケース

 

仮に、給与所得が300万円の人が、
FX入金額が100万円 利益が100万円出たとします。
この場合、課税対象となるのは300万円+100万円=400万円となります。

FX入金額が100万円、損失が200万円だったとします。
この場合、利益は-100万円となります。
この場合、課税対象となるのは300万円-100万円=200万円となります。 
※ここではわかりやすいように基礎控除分は考慮していませんが実際は基礎控除38万円を引いた額が課税対象となります。 

入金ボーナス100%があるケース

 

同じ所得、同じ証拠金、同じ利益、損失があった場合で比べてましょう。
仮に、給与所得が300万円の人が、
FX入金額が50万円で、100%ボーナスで50万円付与、合計100万円の証拠金であったとします。
利益が100万円出たとします。
この場合、課税対象となるのは300万円+100万円=400万円となります。
ここまでは、ボーナスがないケースと同じになります。

FX入金額が50万円で、100%ボーナスで50万円付与、合計100万円の証拠金でトレードしたとします。
損失が100万円だったとします。
この場合、課税対象となるのは300万円-100万円=200万円となります。
★損失は確かに100万円ではありますが、実際はそのうちの50万円はボーナス分です。
ボーナスを損失として計上できるかどうか、について現状では明確な決まりがない為、とりあえす計上しておくというのが通説となっています。 

つまり、入金ボーナスを使った方が、税金を節約できるということになります。

ただし、この方法は、今は明確な取り決めがないために、グレーゾーンなのですが、今後取り決めができた場合には使えなくなる可能性もあります。
※ここではわかりやすいように基礎控除分は考慮していませんが実際は基礎控除38万円を引いた額が課税対象となります。 

入金ボーナスキャンペーンを行っている業社

GEMFOREX
■is6com
■FBX
■iFOREX
■XMTrading
■XLNTrade
■LAND-FX
■HotForex など

その他の節税方法

海外FXでトレードするには、節税をした方がいいことはわかりましたが、どのようにすればよいのでしょう?ここでは4つの節税方法をご紹介いたします。

経費を計上する

   
【FXトレードで経費として計上できるもの例】     
  • ・パソコン・スマホなどのデバイス機器
  • ・FX関連のセミナーや講座 
  • ・FX関連の書籍代
  • ・入出金手数料
  • ・ネット回線の通信費
FXの取引のために使われた費用は一応計上してみましょう。    
税務署の担当者によっても許可される場合、されない場合もありますが、まずは、計上してみることをお勧めします。    
FX関連の買い物をした場合は、必ず領収書をもらっておくようにします。

ECN口座で手数料を払う

  
海外FXではスタンダートな口座の他に、スプレッドがとても狭い代わりに毎回手数料を払うタイプの口座があります。 GEMFOREX、XM、FBSではゼロスプレッド口座として扱っています。
  毎回の手数料は、経費として計上することができます。(そもそも、FX業社の損益明細では手数料をすでに引かれている場合が多くなっていますから、改めて手数料分だけ取り出して申告書に記載する必要がありません。)

まとめ

海外FXには大きな魅力があるものの、国内FXよりは税制の面で優遇されていないことが難点です。
とは言え、海外FXは総合課税ですから、所得によっては国内FXよりは税率が低い場合もあります。
また、海外FXは累進課税であるため、利益が多くなればなるほど税金が高くなっていきます。

ですから、節税の必要性がでてきます。
海外FXの入金ボーナスは損失を出した場合に、節税効果がありますから、入金ボーナスがない業社よりもある業者を選ぶことをお勧めします。
そして、その際は、初回のみではなく、毎回ボーナスが付与される業者を選ぶ方がよいでしょう。

ボーナスと税金の関係 【関連記事】 
 
LESSON1
海外FX 業社別 徹底比較
LESSON2
業社別 ボーナス詳細
LESSON3
ボーナスキャンペーンの種類と特徴
LESSON5
ボーナス特典でうまく稼ぐコツ
LESSON4
どのボーナスを狙うべきか?
LESSON6
国内FXと海外FXの比較
LESSON7
要注意!利用規約違反でペナルティも
LESSON8
FX初心者の方向けページ
LESSON9
ボーナスと税金の関係
コラム
海外FX 役に立つコラム
お問い合わせ
当サイトおすすめ業社で口座開設する