海外FX 「あるある誤解」集


FX初心者の方向けページ

海外FX 「あるある誤解」集

海外FXについてよくある誤解を集めました 

これからFX業社を決めようと思っている方に、海外FXのあるある誤解をご紹介いたします。
国内FXに比べて、リスクが低く小資金からトレードができ、ボーナスもたっぷりの海外FXにはメリットがたくさんあります。
しかし、海外の業社であることで不安をお持ちの方も多いと思います。
是非参考にして下さい。

誤解1:海外FXはレバレッジが高くて危険なのでは?

結論から言いますと、レバレッジが高くても海外FX業者の方がリスクは低くなります。


例えば、1千万円の取引をしたいとします。


■海外FX業社でレバレッジ1000倍の場合、必要証拠金は 10,000円
■国内FX業者でレバレッジ25倍の場合、必要証拠金は 40万円

このように、レバレッジが高い方が、必要証拠金が少なくて済みます。

さらに、損失を出した場合、もし、

■海外FX業社でレバレッジ1000倍の場合、最大損失 10,000円
■国内FX業者でレバレッジ25倍の場合、最大損失はもし、強制ロスカットが働かなければ、無限。

最悪のリスクを考えると、ゼロカットシステムに守られている海外FXでは、証拠金以上の損失は発生しません。

以上の事より、レバレッジが高く、少額の証拠金で取引をした方が安全なのです。

誤解2:海外FX業者のサポートは日本語が通じないのでは?

確かに海外業者の中には、そもそもWEBサイトが英語版しかない、サポートセンターは英語しか通じない、日本語がたどたどしい、といった事例もあります。

しかし、業者をキチンを選べば、しっかりと日本人スタッフによるサポートを受けられます。
例えば、GEMFOREXはそもそも日本人が設立した会社であり、現在の経営陣の多くは日本人ですから、当然、日本語サポートも充実しています。

電話やメールの他、チャット、スカイプ、など業社によっていろいろな形で対応しています。

誤解3:何度も入金してボーナスだけ出金すれば無限に儲かる

海外FX会社はボーナスキャンペーンが豪華だと言われています。
入金ボーナスは、ボーナスを利用してトレードを行った結果の利益だけは出金できる、というものです。
ボーナスそのものは出金できません。

中には、ボーナスではなく、キャッシュバックと言って、現金が口座に付与され、出金できる業者もあります。
ただし、キャッシュバックされるには条件がありますから、何の苦労もなくキャッシュバックだけされるということはありません。
各業者のルールをよく見て、判断しましょう。

 

誤解4: FXで破産した人がいるという話を聞きますが、FXは怖いのでは?

国内FXでは、「追証(追加証拠金)」が発生することがあります。
通常、証拠金が20~100%を下回る損失が出ると、強制的にロスカットされてしまいますから、証拠金以上の損失は出ません。

しかし、リーマンショックのように、一気に相場が暴落する場合、ロスカットのレートを飛ばしてさらに下落してしまうことがあります。
そうなると、損失はどんどん膨らんでいきます。

それで、何千万もの損失を出してしまう人がいるのです。

しかし、ご安心ください。
海外FXの多くは、「ゼロカットシステム」を採用しています。
これは、証拠金以上の損失は業者が負担してくれるというものなのです。
ですから、ゼロカットシステムを採用している業社であれば、証拠金以上の損失はありません。

証拠金は、最悪なくなってもいいという額だけ入れておくことをおすすめします。

 

誤解5:レバレッジは自分で設定するもの

レバレッジの設定は、設定ボタンがあり、自分で〇〇倍と設定するもの、と筆者も最初はそう思っていました。が、多くの場合、自分で設定することができません。
中には、自分で設定できる業者もあります。

自動的に設定されるものなのですが、調整する方法はあります。

レバレッジの計算式は
レバレッジ=取引金額(円)÷証拠金(円)

例)10,000,000円の取引をするのに、証拠金を10,000円入れている場合
10,000,000÷10,000=レバレッジ1,000倍

例)10,000,000円の取引をするのに、証拠金を100,000円入れている場合
10,000,000÷100,000=レバレッジ100倍

 

証拠金10,000円の時は、レバレッジは1000倍
証拠金100,000円の時はレバレッジ100倍

ということになります。

つまり、証拠金をたくさん入れておけばレバレッジを下げることができます。

ただし、損失が出た場合、
証拠金10,000円の場合は、損失が最大10,000円ですが
証拠金100,000円の場合は、損失は最大100,000円となります。

誤解6:ロングでポジションを持っていればスワップポイントが貯まっていく

スワップポイントは必ずしも貯まるとは限りません。
ロングのスワップがプラスでショートのスワップがマイナスになっている通貨があります。
逆に、ロングがマイナスで、ショートがプラスの通貨もあります。

ですから、ロングポジションを持っていれば必ずスワップが貯まるとは限りません。

しかし、逆に、ロングもショートもプラスとうい場合もあります。
例えば、GEMFOREXではロング、ショートともプラスのスワップポイントである通貨が3種類存在します。

この場合、両建てという手法を使ってスワップポイントだけを貯めるということもできてしまいます。

参考)リスク完全ゼロでスワップだけ貯まって行く方法

誤解7:海外FXは出金拒否や口座凍結に遭いやすい

海外FXだから出金拒否や口座凍結されるということはありません。

確かに、詐欺業者などを使った場合はそういうこともあるかもしれませんが、通常はそういうことは行われません。
もし、あるとすれば、知らないうちに規約違反などを犯して、ペナルティーを受けたということでしょう。

誤解6に出た来た、両建てなども業者によっては禁止されている場合もあります。
また、業者間アービトラージや、不正にボーナスを受け取るなどの違反を行えば、ペナルティとして、口座凍結などもあり得るでしょう。

誤解8:海外FXはどの業者でも豪華なボーナスを提供している

海外FX業社の中にもボーナスを提供していない会社もあります。
GEMFOREXis6comFBSのように 豪華なボーナスを提供している会社もありますが、MyFXMarketsやTitanFXのようにいっさいボーナスキャンペーンを行わない業者もあります。

何が違うのかと言えば、ボーナスを行わない分、例えば、スプレッドが若干狭かったりするものの、ボーナスがあることのメリットにはかなわないのでは?と筆者は思っています。

誤解9:1000万円分の取引をしたい場合、必要証拠金は40万円必要

国内FX業社は法律でレバレッジが25倍までと決められていますから、1000万円分の取引をするために必要な証拠金は確かに40万円です。

しかし、海外FXの場合、その規制がありませんから、たとえば1000倍のレバレッジの場合、1000万円分の取引に必要な証拠金はたったの10000円になります。

まとめ

 

初心者が海外FX業社を選ぶにあたり、よくある誤解をご紹介しています。
FXは大きなリスクがあるという誤解をされている方が未だに多くいます。
実際は、海外FXの場合は
ゼロカットシステムのおかげでリスクが低い
レバレッジが高いおかげで、1000円~10000円くらいから取引を始められる
など、株式投資と比べても、最低必要資金のハードルも低く、気軽に始めることができます。

このサイトでは、多くの不安や誤解を払しょくできれば幸いです。

FX初心者の方向けページ 【関連記事】
LESSON1
海外FX 業社別 徹底比較
LESSON2
業社別 ボーナス詳細
LESSON3
ボーナスキャンペーンの種類と特徴
LESSON5
ボーナス特典でうまく稼ぐコツ
LESSON4
どのボーナスを狙うべきか?
LESSON6
国内FXと海外FXの比較
LESSON7
要注意!利用規約違反でペナルティも
LESSON8
FX初心者の方向けページ
LESSON9
ボーナスと税金の関係
コラム
海外FX 役に立つコラム
お問い合わせ
当サイトおすすめ業社で口座開設する