海外FX 完全ノーリスクでスワップだけ貯まって行く方法

LESSON5
ボーナス特典でうまく稼ぐコツ

ノーリスクでスワップだけ貯まって行く方法

ロスカットなし!99%ノーリスクでスワップだけ貯まるための条件

為替変動リスクはなし。スワップだけが貯まっていく方法。
やることは毎日、スワップポイントをただ毎日見ているだけ。

FXというのは、通常、それなりに損失リスクは付き物です。
これまでずっとそう思ってきた方もたくさんいることでしょう。

しかし、リスクなくスワップだけ貯まっていく方法があるのです。
「まさか。FXでリスクがない?」そんなことがあるわけがないでしょ。
為替レートは毎日動くし、何とかショックなどの大暴落が来ると、大損する人だっているはず・・・。

確かにそうです。
でも、リーマンショック級の暴落が来ても、この方法であればリスクはゼロです。

それは「両建て」を行う手法です。
なんだ、両建てか、と思われるかもしれませんが、普通の両建てとは違います。
ただし、これは特定の条件を満たした場合でしか行えません。

その、特定の条件を満たしている業社がGEMFOREX なのです。

【ノーリスクでスワップだけが貯まっていく条件】
①同一口座内で両建てが認められている業社であること
②スワップの合計がプラスになる、できれば、スワップがロング(買い建て)でもショート(売り建て)でもプラスになっている通貨があること。
③ボーナスを使ってハイレバレッジをかけても、ペナルティをかけられない業社であること。

GEMFOREXでは、ロングもショートもプラスのスワップになっている通貨が存在するのです!
今回はこれを利用します。(詳細は下記に明記します)

では、実際に、リスクゼロでスワップだけ貯まる手法の特長と方法「スワップアービトラージ」をご紹介します。

スワップアービトラージの特長~いつ決済しても損しない~

スワップアービトラージというと難し そうな名前ですが、なんのことはない両建てのことなのです。

その特長として、スワップが貯まるというのは当たり前なので、割愛します。

両建てを行うケースは、多くの場合、保有ポジションと相場が反対方向に動いてしまって、含み損をかかえて、これ以上損失を拡大させないために、いったん、反対ポジションを保有するというものです。

しかし、スワップアービトラージは、最初から同値でロングとショートのポジションを保有します。

ですから、いつ決済しても、片方の利益分、片方の損失が同じだけありますから、為替差益は損も得もしません。
そのかわりスワップだけが貯まるということです。

つまり、1万円投資しても、100万円投資しても、スワップは増えますが、為替差益で損はしません。

※ただし、条件の②でもお話したように、ロングとショートのスワップ合計がプラスになっている必要があります。
多くのスワップは両者の合計はマイナスになってしまうのです。
ところがGEMFOREXにはロングとショート両方ともプラスというスワップが存在します。(下記参照)

1%のリスクについて

この方法では99%リスクがないと申しましたが、1%のリスクをご紹介します。

今回は、GEMFOREXのロング、ショートのスワップがプラスであることを利用することをおすすめしています。 GEMFOREXの場合、ロング、ショートともプラスのスワップの中でスプレッドが狭い通貨ペアである「ドル円」のスプレッドは1.2(つまり10万通貨あたり約2,400円)です。

ですから、もし、同時に注文した場合、決済した場合スプレッド分だけ、損失となるわけです。 (指値をして、同値で購入した場合は、損失はありません) ところが、相場が急変する時は、スプレッドがものすごく広がることがあります。

そんな時に成り行きで決済をしてしまうと、大きなスプレッド分の損失が発生します。 まあ、簡単な話なのですが、そういう時は、決済をしないことです。 決済をするならスプレッドがもっとも狭くなっている平穏時にすればいいのです。 多少のリスクを覚悟であれば、指値で、ロングとショートを同値で決済すればなおいいですが・・・(これは100%確実ではありません)   

ノーリスクでスワップだけ貯まって行く方法

同じ通貨ペアで両建てを行って、ロングとショートのスワップの合計がプラスになれば、為替の影響なくしてスワップだけが貯まって行きます。
この方法のことをスワップアービトラージ(裁定取引、さや取り)といいます。

両建てをすれば、確かにロングとショートの合計スワップがプラスになっていけば、スワップは貯まっていきますが、普通は、片方がマイナス、あるいは、両方マイナスだったりしますから、合計スワップは、微々たるもの、あるいは、マイナスである場合が多いのです。

ところがGEMFOREX には、ロングもショートもプラスになっているスワップが存在します。

①ロング/ショートともにプラスのスワップの通貨を利用

ロング/ショートともにプラスのスワップの通貨が理想

通常、スワップポイントはロングがプラスの場合、ショートがマイナス(その逆もあり)であることが多いのですが、GEMFOREXでは両方プラスのスワップである通貨があります。

2019/7/14 時点ではGEMFOREXで、下記の通貨がロング/ショートともプラスになっています。
スワップが大きくても、スプレッドが広い通貨は、指値注文をしても同価格で約定する可能性がより低くなりますから、なるべくスプレッドが狭い通貨を選ぶほうがよいのです。

GEMFOREXのスワップポイント
(1lot=10万通貨あたり)

通貨 ロング
(買い建て)
ショート
(売り建て)

USD/JPY
(スプレッド1.2)

0.21300(※1) 0.28700(※1)
EUR/USD
(スプレッド1.2)
0.24700 0.25300
USDHKD
(スプレッド15)
0.90000 1.48000
USD/ZAR
(スプレッド16)
1.00000 1.21000
※1)参考例 1ドル100円として、ドル円を1 lot(10万通貨) 保有した場合のスワップ円換算
ロングが21.3円、ショートが28.7円、合わせて50円になります。
一ヶ月で1,500円、1年で18,000円です。

これが10倍の10 lot(100万通貨)であれば一ヶ月で15,000円、1年で180,000円です。
ハイレバレッジを利用すれば可能な数字ですね。

★GEMFOREXでは最大レバレッジが1000倍ですから、
1 lot(10万通貨)の必要証拠金が10,000円となります。
10 lot(100万通貨)の必要証拠金が100,000円となります。

さて、もうおわかりいただけたでしょうか。

■同価格でロングとショートポジションを保有(両建て)することで為替変動リスクはほぼなくなります。
■ロングもショートもプラスのスワップポイントであれば、スワップはロング分+ショート分が貯まっていきます。

注意点

現在、上記のスワップがロングもショートもプラスであるからと言って、ずっとそうであるとは限りません。片方がマイナスになって、その数字がプラスよりも大きくなると、損失が発生しますから、毎日スワップの確認だけはしておきましょう。

万が一、片方がマイナスになった場合は、いったんポジションを決済します。決済しても同値で買っていれば損失はありません。

②同一口座内で両建てを行う

GEMFOREXに口座を開設したら、同一口座内に同じタイミングでロングとショート両建てにしてポジションを保有します。

GEOFOREXでは実際に、スワップアービトラージを推奨していて、ご丁寧に、シミューレーションまで行っています。


GEOFOREX  同一口座内アービトラージ推奨説明ページPDF

これを、同一口座ではなく、ロングとショートを別口座、あるいは違う業者で両建てを行うこともできなくはないですが、相場が下落した方のポジションがロスカットされてしまうリスクがあります。

その場合、ゼロカットシステムにより、証拠金以上の損失をかぶることはありませんが、最悪、証拠金がなくなってしまうことはあります。
しかし、同一口座であれば、証拠金もなくならないどころか、ずっと同じ水準を維持し続けます。
また、別口座、異業社間での両建ては、GEMFOREXでは禁止しています。

ですので、ここでは、GEMFOREXが推奨する、同一口座内アービトラージを前提にお話します。


まずはイメージを掴んでください。

スワップアービトラージ(裁定取引、さや取り)

③100%入金ボーナスをもらっておけばスワップの利益は倍に

100%入金ボーナスのある業者で取引する場合、自己資金+入金ボーナス100%で証拠金を2倍にしておくことで、スワップも2倍になりますから、よりスワップがたまりやすくなります。


もらえるボーナスはもらっておきましょう。

この方法はリスクがないため、ボーナスを使っても使わなくても、いいのですが、ボーナスを使うことで自己資金の入金額を減らすことができますから、心理的に安心感を得られるというものです。

④ボーナスを諦めて、スプレッドゼロの口座で約定しやすくする

両建てのポイントは、ロングとショートをできるだけ約定させることで、スプレッドによる損失を最小限にすることができます。

スタンダードの口座(業社によって名前は異なります)ですと、比較的スプレッドが狭いGEMFOREXでもドル円で1.2pipsほどのスプレッドがありますが、ノースプレッド口座であれば、スプレッドが0.0pipsとなる場合もあります。
このチャンスを狙って、ロングとショートを約定させることで、完全リスクゼロになります。

注文は指値 or 成り行き?

さて、 スワップアービトラージについてご理解いただけたと思いますが、両建てには重要なポイントがあります。

両建てをすると為替リスクを避けることができます。
しかし、売りと買いの間にはスプレッドがあります。

仮に、まったく同時に成行注文をした場合、スプレッド1.2pipsのドル円であれば、10万通貨あたり注文時と決済時合わせて1.2x2=2.4pips分(2400円)ほどかかりますから、少なくともスワップポイントが2400円に達するまでは売らなければ、マイナスにはなりません。

1日あたり ロング+ショートのスワップが50円とすると
2400円(スプレッド)÷50円(1日のスワップ)=48日

つまり最初の48日間は、スプレッド分の損失となるので、ここまでは保有していたほうがいいということです。

成り行き注文ですと、売りと買いをまったく同時に行うことはできません。
ほんの数十秒のタイムラグでもレートが動いてしまうことがあります。
ですから、指値をしてスプレッドのデメリットをなくすというのも一つの手段です。売りと買いを同じレートで指値を入れておくことが理想です。
スプレッドが一番狭いドル円であれば、現在のレート付近で入れておけば概ね約定するとは思いますが、そうならない場合もなくはないことは承知しておいてください。
そのためにも、スプレッドが狭目の通貨を選ぶことをおすすめします。

うまく、同じ価格で約定できれば、あとは見ているだけです。
スワップポイントは、今、両方共プラスであっても、片方がマイナスになることがないわけではありません。マイナスのスワップがプラスのスワップよりも大きな数字になると、毎日、損失が発生しますから、そうなったら、決済してしまいましょう。

上記④でご紹介したように、ボーナスに対応していない、スプレッドゼロの口座を利用することで、注文時も決済時もより簡単に同値で約定しやすくなります。

ただし、その場合、片方だけ約定してあとは、どちらかの方向に一方的に向かってしまう場合があります。

ですから、注意点として、
◆スタンダードな口座(GEMFOREXの場合、オールインワン口座)で行う場合は、相場が安定しているときを狙って指値をする。

◆より確実なのは、ゼロスプレッド口座を利用する。

   

結局いくらぐらい貯まる?

GEMFORXでドル円で両建てを行った場合を想定します。 ドル円のロングが0.213、ショートが0.287(2019・8現在)ですから、両方合わせて0.5となります。

2019.8現在の為替レートは106円ほどですから、1ロット、1日あたり約53円ほどになります。

1ロット53円ですから、10ロットで530円。
10ロットですと、1ヶ月15900円、1年で193,450円となります(この間レートの変動とともに、金額も変わります。)
1ロット保有するのに証拠金はおよそ10,000円、10ロット保有するのに10万円ほどですので、悪くない利益だと思います。

スワップアービトラージ(裁定取引)のメリットとデメリット

スワップアービトラージという名前ほど難しいものではなく、単に両建てをするということなのです。
この手法を使うと、為替変動がどのような動きをしても、為替差益による利益はなく、損も得もしません。これはメリット(損しない)でもありデメリット(得もしない)でもあります。

<メリット>

少なくとも損をするリスクはありませんから、忙しくてまめにレートをチェックできない人や社会情勢やトレンドはよくわからない、トレードのテクニックは難しくてわからないという人には最適です。

だまっていてもスワップポイントだけは貯まっていきますが、日本の超低金利に比べれば遥かに投資効率がいいものです。

GEOFOREXでは、スワップアービトラージが推奨されていますが、ただ、ロングもショートもプラススワップであっても、海外FX業者の特徴として、スワップポイントが小さいのです。

ですから、そこは、ハイレバレッジとロット数でカバーすることになります。 為替変動によるリスクはないとは言え、自己資金は低いほうがいいので、入金ボーナスを利用できる場合は利用します。

<デメリット>

■為替差益による利益が出せないこと
■スワップを貯めていくので短期で大きな利益を上げられないこと。
特に、成行注文でロングとショートを同時注文した場合は、スプレッド分は損失となりますので、それを超えるまでは決済すると損失となりますから、本当の利益は、スプレッド分の損失がなくなった以降となります。
です。
ですので、為替差益で利益を出したい場合は、スワップアービトラージ用のポジションとは別に、為替差益で勝負するポジションも持っていおいても良いかもしれません。

注意点とまとめ

同一口座内で両建てを行うことで、ノーリスクでスワップポイントはロング分+ショート分が毎日貯まって行きます。
この方法のポイントは口座内両建てが認められている業社を選ぶことです。


<注意1>スワップポイントは毎日変わりますから、<ロングのスワップ>+<ショートのスワップ>がマイナスになってしまうと、逆に毎日資金が目減りしてしまうので、スワップポイントはマメに見て置くようにしましょう。

<注意2>決済する時は、ロングとショートのスプレッド分や手数料が引かれますから、短期運用ですと、あまり意味がなく、十分にスワップポイントがたまってからの決済を行ってこそ意味があります。

※GEMFOREXではこの方法が認められているので安心して行えます。
そもそも両建てを禁止している海外FX業社もありますので、条件を満たしていない業社でにこの方法を使うと、ペナルティがかかることがあります。

自己資金は低めにして、レバレッジを高めにしておくとよいでしょう。

<注意3>スプレッドによる損失を少しでも避けるために、買い価格と売り価格は同値になるように指値を入れて置きましょう。

ゼロリスクでスワップポイントだけを可能貯めることも可能
ボーナス特典でうまく稼ぐコツ 【関連記事】
LESSON1
海外FX 業社別 徹底比較
LESSON2
業社別 ボーナス詳細
LESSON3
ボーナスキャンペーンの種類と特徴
LESSON5
ボーナス特典でうまく稼ぐコツ
LESSON4
どのボーナスを狙うべきか?
LESSON6
国内FXと海外FXの比較
LESSON7
要注意!利用規約違反でペナルティも
LESSON8
FX初心者の方向けページ
LESSON9
ボーナスと税金の関係
コラム
海外FX 役に立つコラム
お問い合わせ
当サイトおすすめ業社で口座開設する